こう使う。
“Gakken i3 Handy”

こう使う。“Gakken i3 Handy”

“Gakken i3 Handy”
機能ラインナップ

機能ラインナップ

会議室でも検品作業。納品書とハンディターミナル、プリンターがあればどこでもOK。

WMSなどのシステムを使用した検品作業では、サーバの情報にアクセスするため、無線LANの設定など、パソコン環境の整備が必要となりますが、「Gakken i3ハンディシステム」であれば納品書とハンディターミナル、プリンターがあればどこでも検品ができます。

インフラに依存しない。検品中のネットワーク環境不要。

検品作業中は無線ネットワークを一切使用しないため使用場所を問わず、どんな場所で使用してもメイン倉庫と同等の出荷品質を維持することが可能なため、緊急時には会議室などでの作業も可能です。

「Gakken i3ハンディシステム」の流れ

Operation flow

送り状のQRコード、検品QRコードの順に読みとる。

商品のバーコードを読みとる。

お買い上明細/送り状番号をスキャン。

完了

検品情報をQRコードに格納。

QRコードに検品情報を格納しているので、ネットから検品情報を取得する必要がなくなります。 ネットワーク、機器の設定変更がない為、繁忙期による倉庫レイアウト変更や、外部倉庫に委託する際にも柔軟に対応することが可能です。

QRコードに検品情報を格納

送り状は後出力。帳合作業を省略。

送り状は一つの作業が完了すると発出する仕組みになっています。 送り状を後出力する事により、貼り間違いリスクを軽減でき、送り状の検品による最終チェックも実現できます。 作業中に商品や個数の間違いが見つかると、音と振動で知らせますので漏れがありません。

送り状は後出力。帳合作業を省略。

ハンディターミナルを用いたデジタル検品。

「Gakken i3ハンディシステム」はデジタル出荷検品システムです。従来のアナログ検品(目検)では、検品漏れをチェックするためのダブルチェック、トリプルチェックがしばしば必要となりますが、デジタル検品では1回の検品作業で間違いなく数量をチェックできますので、効率的に検品作業ができます。

Gakken i3(アイスリー)ハンディシステム

便利な「個口数決定処理」。

一つの送り先に対し、複数の個口が発生しても、指定枚数の送り状を検品作業中に実現する事ができます。1台のプリンターに対して、複数のハンディターミナルでの対応も可能。

情報はすべて暗号化。

QRコードのデータは暗号化されているため、情報漏えいの心配がありません。仮に納品書一体型帳票が盗難・紛失にあっても、第三者がデータを取り出すことは不可能です。

すぐに業務に使える。

ご導入の際に、必要なデータの準備方法や連携方法など、業務へのフィッティングは弊社にてご提案を行わせていただき、検品作業が開始できるところまでサポートいたします。「こういうデータはありますが、デジタル検品可能ですか?」というご相談など、お気軽にメールフォームよりいただければ幸いです。

料金プラン

初期費用と月額料金について

Gakken i3 Handy

初期費用:\200,000〜

1台当たり:月額¥18,000

  • 端末(ハンディターミナル)は弊社でご用意致します。
  • 端末代金、不具合・故障に備えての保守費も月額料金に含まれています。
  • 最低利用年数は1年となります。また、解約時にハンディターミナルは返却していただきます。
  • スポットレンタルについては別途お見積いたします。詳細については以下ボタンよりお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせはこちらまで 03-5437-8500

株式会社 学研ロジスティクス

ロジコンシェル

ページTOPへ戻る